ゼロから食ビジネスを
つくるラボ

テーマは
「食ビジネス」

このラボでは新しい「食ビジネス」を立ち上げることを大きなテーマにしています。ひと口に食ビジネスと言っても、その対象は飲食店、食物販店、食品や飲料の商品、商業施設、ホテルや旅館、イベント、ネット通販、WEBサービスなど多岐にわたります。趣味やチャリティではなく、ビジネスとして成立できるかという観点で食に向き合います。

ゼロからイチを
うみ出す「企画力」

食ビジネスを軌道に乗せるためには、資金力や実行力など様々な力が必要ですが、その中でも注目しているのは「企画力」です。パクりや二番煎じが横行していますが、ファンを獲得して長きにわたって商売を続けていくには、オリジナリティが欠かせません。どうしたらゼロからイチを生み出せるのか、その点を深掘りしていきます。

プロジェクトが
うまれる場に

ラボのゴールは、新しい食ビジネスのプロジェクトが次々とうまれる場となることです。メンバーの頭の中にあるアイディアの欠片が、ゲストからの刺激やメンバーとのディスカッションを通じて磨かれていき、実現可能なところまで高めていくことを目指します。

ラボのキーワード

ビジネス/企画/アイディア/新業態・新商品/プロデュース/オリジナリティ/起業/トレンド/ニッチ/実行

こんな人に参加して欲しい

  • 新たに飲食店を起業したい人
  • 飲食店や食物販店の新業態を開発したい人
  • 食品や飲料の新商品を開発したい人
  • 商業施設や宿泊施設を食で魅力づけたい人
  • 広義の食に関する新しいプロジェクトを立ち上げたい人

ラボ長・コミュニティマネージャー

ラボ長 中村悌二
株式会社カゲン代表取締役

1960年生まれ。アパレル業界を経て1988年に「バーフェアグランド」を東京・下北沢に開店。その後「並木橋なかむら」「銀座KAN」をはじめ、和食を中心に直営店を増やす。飲食店や商業施設、旅館などのプロデュース業など数多くのプロジェクトを手掛けている。

コミュニティマネージャー 子安大輔
株式会社カゲン取締役

1976年生まれ。東京大学経済学部卒業後、博報堂入社。マーケティングセクションにて食品、飲料、金融などの戦略立案に従事。その後2003年に飲食業界に転身。著作に「『お通し』はなぜ必ず出るのか」「ラー油とハイボール」(新潮社)など。

ゲストスピーカー

※今後、さらにゲストスピーカーは追加されていきます。

募集要項

開講時期 2017年10月~ ※1
開催日時 第2、第4水曜日の19:00~21:00(毎月2回開催)
開催場所 THINK OF THINGS(原宿)
募集人数 30名程度
参加料 月額10,800円(消費税込)
支払方法 原則として、クレジットカード払い
応募方法 まずは資料をご請求下さい。追ってこちらから詳しい資料と今後の流れをお伝えいたします。

※1 特に終了期限を設けずに開講します。途中からの参加や、退会も受け付けます

©  食の未来アカデミア All Rights Reserved.
PAGE TOP